すべてがネタになる

1998|07|09|10|11|12|
1999|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2000|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2001|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2002|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|08|11|
2019|01|02|
2013年
4月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

※意見には個人差があります。(c)さだまさし

※つっこみ機能は終了しました。


1999年04月11日(日)

落合が一発を喰らった。9回裏1死満塁の時は、覚悟した。でも、勝った。ドラゴンズ開幕7連勝!


2001年04月11日(水)

研究室の配属先が決定しました。松下研です。高分子物性をやります。

と、あっさり書いてみましたが、それまでには紆余曲折(というほどでもないか)があったのです。昨日、全員が希望を書き終わった段階で、松下研希望者は4人。定員は4〜5人ということで、25人枠で1人決まっているので、合わせて5人、これで決定、かと思われました。ところが、ふたを開けてみるとジャンケン対象(定員オーバー)の研究室は4つしかなかったのですが(ex.服部研、原口研など)、最大受け入れ人数(松下研の場合5人)の希望があった研究室が多く、ある3つの研究室は最小受け入れ人数(松下研の場合4人)を大幅に下回ったのです。最小受け入れ人数と書いたように、どの研究室もこれだけの学生が入らないといけないのです。わかりにくいと思うので例を挙げて説明しましょう。学生が22人いて、研究室がA〜Eの5つあって、それぞれの定員が4〜5名だったとしましょう。そしたら、(A,B,C,D,E)=(6,5,5,5,1)と分配されてしまったんです。最大5人なので研究室Aは1人研究室Eに回らなければならないのですが、それでも研究室Eは2人と、最低人数の4人を下回ってしまうのです。これではまずいのです。

そこで行われた、非情な抽選。まず、定員オーバーの研究室の人数を最大受け入れ人数まで減らします。その上で、最大受け入れ人数になっている各研究室(定員の少ない難処理は除く)から一人出して、くじでもって他へ行ってもらう人を決定するのです。その数、たった2名。対象研究室は12だったので、約50分の2の確率。私、ジャンケンに負けて確率を12分の2まで上げてしまいましたが、何とかくじ引きで回避しました。以上のようにして、松下研に決定しました。仕切ってくれた○○君、おつかれさま。


2003年04月11日(金)

朝6時に京都を発ち、研究室には普段通り出勤しました。おかげで一日中眠かったです。

バイトもあったせいか、鬱には陥らずに済みました。

しかし、今日は月に1回の廃品回収。おかげで今月は古新聞も古雑誌も出せません。これからの1ヶ月は部屋に古新聞があふれそうです。


2004年04月11日(日) 関西ウォーカーな一日

びーるびーるぅ

ひでじい氏と関西をうろうろしてきました。

まずは、サントリー京都ビール工場です。通常コース(所要70分)ではなく「ビールこだわり塾」(所要100分)にしました。

見学では、原料の天然水を飲んだり、麦の実をかじったり、麦汁(酵母を入れる前)を飲んだりできました。もちろん出来上がりのビールも3杯いただきました。二人ともモルツ党(反スーパードライ党)なので、満足です。

記念に陶製ジョッキを買いました。次は山崎蒸留所だな。

ロッテファンのファンになりそう。

それからJRで神戸へ移動。すきっ腹でビール3杯電車の中ではぐーぐー寝ておりました。

地下鉄に乗り換え、向かったのはグリーンスタジアム神戸(ヤフーBBスタジアムなどという名前は認めない)。オリックス×ロッテ戦ですが、オリックスを応援する気はあまりなく、かと言ってロッテ応援団(というよりサポーター)の仲間入りには敷居が高いので、3塁側の内野自由席(2,000円)で観戦しました。

なるべくグラウンドに近いところを、と思い、レフトのポール際、最前列に陣取りました。バッターボックスは見にくいんですけどね。でも、ブルペンが目の前で、よく見えるのです。ボールがグラブに収まるパンッ!という乾いた音も、よく聞こえます。ステキです。

ブルペンの近さでも十分感動できるのですが、フィールドシートはもっと感動ものです。こんなに近くで!というくらい選手が間近です。シーズン席だけだと思ったら、どうやら売れ残っているらしく、一般にも売られています(4,000円)。

こんなステキな球場なのですが(名前を除く)、いかんせん球団に華がありません。だからシーズン券が売れ残るんだ。

試合は、どういう訳かオリックスが大量13点を取って大勝。そんなことより、ロッテサポーター面白い。負けても旗を振り応援歌を歌う。ナゴヤドームでオープン戦(中日×ロッテ)を観たときにも思ったけれど、統率とれてるし、声出てるし、きれいな応援をしてる。それでこそサポーター、どっかの暴力団もどきとは違う。

にしても、オリックス応援団がロッテの半分以下なのは、まずいだろう。ホームなのに。

通り抜け

造幣局の「通り抜け」に行ってきました。ソメイヨシノだと思いこんでいたのですが、様々な種類の八重桜でした。それはそれでステキでした。ライトアップもしてたし(午後9時まで)。

なんか関西満喫したなぁ。


2005年04月11日(月)

何を思ったか

昨年8月の九州ドライブ旅行記を書き足してみた。


2007年04月11日(水)

PASMO

なんかPASMOが売れすぎて定期券以外発売中止らしいけど、PASMOにできてSuicaにできないことってあるの?


2008年04月11日(金)

はじめてのWAON

キャンペーンでもらった300円分をきっちり使ってみました。

WAONで支払うとき、「ワオン!」と犬の鳴き声がするのですが。

どうしても「アアン!」と(ry

マルチタスク

NHKで、いっこく堂の脳分析をしていました。

デュアルタスク試験として、「あいうえお」と声に出しながら「いうえおか」と紙に書く、以下同様に・・・として、1分間に何文字書けるか、というのをやってました。

試しにやってみました。

・・・意外といけるじゃん。自分。


2009年04月11日(土)

祝・開幕

BCリーグ本日開幕です。

ということで、富山へお手伝いに行ってきました。

開幕を白星で飾れてよかったです。花吹雪が舞っていました。

ボランティア仲間に、この日記が見つかってしまいました。迂闊なこと書けん。。。

その後総曲輪へ行ったら、前職場の先輩2名に偶然お会いしました。迂闊なことできん。。。


2010年04月11日(日)

上越市民の日

今日は天気が悪いので、自宅軟禁のようなものです。

録りだめたビデオを見たり、野球を見たり。

それはそれで有意義だったり。


2012年04月11日(水)

撤収、というか撤退

午後、引越屋が来まして、荷物を全部持って行きました。十分時間はあったけれど、荷物整理はやっぱりめんどくさい。

夕方、管理会社の人が来まして、部屋のチェック。タイヤの跡がついてしまった床は張り替えになりましたが、15,000円くらいで済みました(ほっ)。

ということで、上越を撤収。

ジャスコで新潟のうんめぇものを買い溜めし、いつものラーメン屋で食べ納めをして、実家へ戻りました。


2013年04月11日(木)

銀のエンゼル

先日、職場で森永チョコボールが安売りしていたので、20箱大人買いしました。

今日、最後の一箱を食べちゃいました。

エンゼル、一箱も出ませんでした(哀)。


訪問者数 今日 昨日

携帯からでもこの日記を読むことができます。URLも同じです。

管理人が不適当と判断したツッコミは、断りなく削除することがあります。常識的な書き込みを望みます。