すべてがネタになる

1998|07|09|10|11|12|
1999|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2000|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2001|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2002|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|08|
2003年
4月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

※意見には個人差があります。(c)さだまさし

※つっこみ機能は終了しました。


2003年04月01日(火) [長年日記]

大学院生になって1年。

研究室に配属されて2年。

下宿生活を始めて3年。

大学生になって5年。

昔はよかったなんて思わないが、歳月の間で失った物は数多く。


2003年04月02日(水) [長年日記]

カミングアウト

あなたのうつ病認知尺度診断結果

総合得点は 68 点です。問題ありません。

以下の項目で一番得点の高い項目があなたの性格傾向です。

  • 「否定的自己認知」得点は 29 点です。中程度問題ありです。
  • 「対人認知」得点は 22 点です。問題ありません。
  • 「強迫的思考」得点は 17 点です。問題ありません。

非常にそう思う(4点)ややそう思う(3点)あまりそう思わない(2点)全くそう思わない(1点)、という点数で計算しています。

  • 「否定的自己認知」とは極端にへりくだって自分を悪く言う傾向があるということです。
  • 「対人認知」とは他人の評価を気にするとともに依存性を意味します。
  • 「強迫的思考」とは何事も完全でなければ気が済まない、いささか堅い性格です。

【あなたの選択したものは下記のとおりです】

No.設問分類点数
1どこか別世界にでも行けたらなといつも思う対人認知/依存過敏●●●
2私はとても心の弱い人間だ否定的自己認知●●●●
3仕事や家事をやりかけのまま残すことはできない強迫的思考●●
4いつも人の目や言葉が気になり、不自由だ対人認知/依存過敏●●
5私は人生で失敗ばかりしている人間だ否定的自己認知●●
6自分の仕事(勉強)がうまくいってる時に限って邪魔をする人が現れたり、トラブルが起きる対人認知/依存過敏
7世の中は良いか悪いかのどちらかだ強迫的思考●●
8とにかく根性があれば何とかなるだろう強迫的思考
9私はいつも公平を心がけて却って疲れてしまう強迫的思考
10誰も私を理解してくれないと思う否定的自己認知●●
11どんな規則でも、とにかく守るべきだ強迫的思考●●
12人が自分をどう思っているかで自分の考えが縛られる対人認知/依存過敏●●
13私の未来は寂しい否定的自己認知●●●●
14自分にがっかりしている否定的自己認知●●●
15誰かがそばにいてくれないと私は生きていけない対人認知/依存過敏●●●●
16時がたつのがとても遅く感じる強迫的思考●●●
17私はあまりやる気がない人間だと思う否定的自己認知●●●
18私の出会う偶然の出来事もコントロールできなくてはいけない強迫的思考
19いつも人や自分の悪いところばかり見てしまう対人認知/依存過敏●●
20私が皆の中に入ると大変なことが起きるようだ対人認知/依存過敏
21私の人生はメチャクチャである否定的自己認知●●
22自分の問題を人が助けてくれればいいのにと、いつも考えてしまう対人認知/依存過敏●●●
23私は正しいことしかしない強迫的思考
24私は負け犬だ否定的自己認知●●●
25現在(今)のことより過去のことを考えがちである否定的自己認知●●●
26私は他の人と比べると能力が劣っている対人認知/依存過敏
27私の人生は自分の思ったとおりにはなっていない否定的自己認知●●●
28私がほめられることがあっても、それはお世辞である対人認知/依存過敏●●
29人間はすべてにおいて公平でなければいけない強迫的思考
30私は、他人の地位や、お金、家、容貌などが気になって比較しがちである対人認知/依存過敏
31期限までにちゃんと仕事を終えていないと我慢できない強迫的思考
32いくら心配しても、心配し過ぎるということはない強迫的思考●●

ごめんなさい。

今まで暗い話はなるべく避けてきたつもりですが、もうやめます。

最近、鬱になることがよくあります。

卒業後の進路を自分で決められない(決まらない、ではない)のが原因なので、進路が決まれば治ると思います。

それまで、不機嫌だったり当たり散らしたり雰囲気を悪くしたりしちゃうかもしれませんが、大目に見てくださるとありがたいです。


2003年04月03日(木) [長年日記]

うつ患者の行動パターン(平日)

鬱病の症状のうち思い当たるもの。

  • 朝起きた時陰気な気分がする。
  • 仕事にとりかかる気になかなかならない。
  • 仕事にとりかかっても根気がない。
  • 決断がなかなかつかない。
  • なんとなく不安で苛々する。
  • これから先やっていく自信がない。
  • いっそのことこの世から消えてしまいたい、と思うことがよくある。
  • 淋しいので誰かにそばにいて欲しい、と思うことがよくある。
  • 涙ぐむことがよくある。
  • 夕方になると気分がらくになる。
  • 頭が重かったり痛んだりする。

朝早く目が覚めたりはしません。普段は9時頃に目が覚めます(遅っ)。7時半頃に目が覚めることもありますが、二度寝してしまいます。

朝起きた時、「今日も一日が始まってしまった」と思ってしまいます。休もっかな、なんて思ってしまいますが、特に体調がすぐれないわけでもなく、また休むと確実に自分に跳ね返ってくるので、仕方なく大学へ向かいます。

研究室へは10時頃に着くようにしています。が、最近遅れ気味です。そろそろ「気味」のレベルではなくなってきています。

朝ご飯を食べている時間はないので、通学中に○ィダー○ンを吸っているか、研究室に着いてから生協へ行き、パンを買ってきます。シュークリームのこともあります。

ごくたまに、研究室へ来てすぐに本業に取りかかり始めることがありますが、たいていはメールチェックやサイトの巡回をしてから取りかかります。すぐにはやる気は出ません(朝ご飯が遅いからとか、まともに食事していないからと言う説もありますが)。最近はため息をつきながらブルーになっていることが多いです。

そうこうしていると、お昼です。同僚がネタでやたらとC食堂に誘ってきます。普段は適当にあしらいますが、鬱な時は会話を放棄するなど、相手を思いやることができません。

昼過ぎになると鬱も徐々に解消されてきます。本業の効率も上がってきます。夕方には正常に戻っていることが多いです。正常と言っても、不意に物思いに耽ってしまうと自責自虐モードになってしまいます。これは時間を問いません。このモードになってしまうと、気が済むまで手がつけられません。

夕食後から寝るまではたいてい正常です。これでは5時から男と揶揄されてしまいます(ネタが古い)。やる気が切れると帰ります。

家に帰っても、特にやりたいことはありません。ひとりぼっちなので、物思いに耽ってしまったり、寂しさに襲われたりします。

以上が最近の平日の行動パターンです。


2003年04月04日(金) [長年日記]

昨日付で最近の行動パターンを書きましたが、今日は特にひどかったです。朝起きてからバイトを始める頃(午後6時半頃)まで、ほぼずっと鬱が入っていました。

これを書いているのは深夜4時過ぎです。今は正常です。正常でないと文章を書くことができません。昨日も更新しようと思ったのですが、鬱気味では文章がまとまらず、結局ほったらかしてしまいました。

今の状況を「軽度のうつ病」と認識してから(実際は病気ではないかもしれないけど)、沈んだ気分や泣きたくなる衝動を客観視できるようになりました。一方で、病気だから仕方ないと甘えてしまっているような気もします。

四六時中鬱状態でないのが救いです。鬱から脱出できるものを見つけました。ドラゴンズの勝利。開幕の時にも書きましたが、まさか野球でこれほど癒されるとは思いませんでした。熱中しているものがあって、そこから嬉しさとか喜びを得ると、鬱なんか吹っ飛んでしまうのでしょう。

ただ、今でも頭痛がします。うつ病の症状にありますが、鼻水も出るので風邪の症状かもしれません。

余談ですが、自分で「癒し系」なんて言ってる奴にはちっとも癒されないものです(たとえば2ヶ月で終わった某「少年系」番組とか)。癒される人や物は人によって違うと思います。その対象からすれば、自分が癒しているなんて思ってもみなかったりするものです。自分が癒される対象と、修論でテンパッていた先輩に「お前は癒し系だ」と言われてしまった経験からすると。


2003年04月05日(土) [長年日記]

うつ患者の行動パターン(休日)

平日の行動は前に述べたので、休日(つまり今日)の行動を振り返ってみます。

まず、昼に起きました。昨日は結局5時頃まで起きていたので、昼まで寝ているのは当然かもしれません。でも、一度8時頃に目が覚めています。それから二度寝、三度寝、ふて寝・・・・・・を繰り返した結果、昼になりました。

今日は実家で田んぼ仕事の手伝いをする事になっていました。が、昼には作業が大方片づいてしまったらしく、親から別に来なくてもええわ」という電話をもらってしまいました。なのでナゴヤドームにでも行こうと思いましたが、一人で行くのも寂しいので、夕飯狙いで実家に帰ることにしました。

それまで暇なので、昼食としてペペロンチーノを食べた後、また布団にくるまっていました。録りだめてあるビデオを見たりとか、研究の宿題をこなしたりとか、やることは色々あるはずなのですが、そんな気分になれません。

いつの間にか本当に寝てしまったようで、起きたときには頭がガンガンしていました。あまりに不健康なので、大須へ寄ってから実家へ帰ることにしました。今日は雨降りなので電車での帰省です。

ヤ○ダ電機に寄って一太郎13&花子13&ATOK16を購入(キャンパスキット15,000円)しました。心を動かされてはいましたが、緊急に必要なものでもありません。

それから、大須の街をぶらぶらしました。Goodwillのデジタルモールに入ってみたりしました。最近は情報収集を怠っているので、新技術についていけません。さらにはFSBが何かすら忘れてしまいました。パソコンを自作したのはちょうど3年前、かなり昔の話です。

最近できた万松寺ビルに、巫女茶屋というのがありました。なんか疲れたので普通に入ろうかと思いましたが、電車で座っていればいいやと思い、やめました。同じ建物の中に、沖縄の商品を扱った店「にらい」がありました。ここでサトウキビのアイスクリームを食べました。

上前津まで歩いて、電車に乗って実家へ帰りました。

振り返ると、何だか無為に一日を過ごした気がします。落ち込んで涙ぐむようなことはありませんでしたが、やる気もなく、先の見通しもなく、やるべき事も片付けずに彷徨っていた、と言えると思います。

そういえば先週は思いつきで下呂温泉へツーリングに行こうとして、面倒になってやめたんだっけ。

今日の発見:上前津→豊田市の連絡切符がユリカで買えたこと。


2003年04月06日(日) [長年日記]

実家で癒されてきました。それからバイトへ行きました。バイト中に落ち込むことは今のところありません。

ここで悩んでる理由をちゃんと書いておこうと思います。自分の考えを整理するためにも。

とにかく、進路を決められません。

ここ2年の研究室生活で、自分は「やりたいことしかできない」ことが、よーくわかりました。

では、自分は何がやりたいのでしょう?

これは、ここ半年以上ずっと考えてきたことです。友人に相談したり、R-CAPなんて自己診断テストも受けてみたりしました。

SEという職種を考えましたが、世で言われているほどハードな仕事に耐えられるほど意欲があるとは思えません。(一応話は聞くつもりです)

最近はうちの研究室の就職傾向である家電系メーカーも考えてます。けれど、たとえ自分がそれに向いていたとしても、散々尻を叩かれないと本業が進まない私に、研究開発が務まるか甚だ疑問です。(これも一応話は聞くつもりです)

いろいろ考えましたが、それでもまだ結論が出ません。もう4月、早い人は内定をもらっています。

某氏から「手当たり次第、とりあえずやってみな」とアドバイスを頂きました。けれど、それもなかなか難しい状況なのです。

というのも、本業が遅れています。

今の研究室になって1年。今まで散々注意され、叱られ、自己嫌悪に陥り、プレッシャーをかけられ、怒られ、見捨てられかけて、研究テーマを変え、しごかれてきました。そして、ようやく“研究”を始められる(=研究テーマがもらえる)ところまでこぎ着けました。

普通の人に比べ、およそ1年遅れ。ここまで遅くなったのは、すべて自分のやる気のなさに起因します。もう、2年で卒業するためのタイムリミットだそうです。就職活動に時間を取られては本業が進まない、そもそも、そんな状況なのに「就活するので休みます」とは、なかなか言えない。そんなジレンマがあります。

3年計画にすればすべてが丸く収まるかもしれません。けど、こんな所に1年余計にいてたまるか、との思いも強いです。

以上のような進路のことから、人間関係のこと、はたまた「これからの2時間をどう過ごすか」なんてことまで。いくつかの選択肢のうち一つを選択しようとすると、その他の思いが引っかかり、なかなか決断を下せません。どれを選んでも後悔する選択しかできない気がしてなりません。迷っている間に時間が過ぎてしまい、後悔することも少なくありません。

そんな自分に自信がありません。だから、自分を「売り込む」ことなんか、できるわけもなく。(学校推薦の場合は、現在の研究テーマをプレゼンテーションすることを求められる場合もよくあります。今は研究をしていないのだから、プレゼンなどできるはずがありません。)

それが長期間続いて、タイムリミットが迫り焦ってきて、今のような鬱状態になってしまったのでしょう。ストレス解消と銘打って例えば東北へ行ったりしても、原因が取り除けていないので、それをしている間は気持ちよくても、戻ってくれば元の木阿弥、また鬱状態です。鬱は発散できるものではありません。


2003年04月07日(月) [長年日記]

笑い事じゃない。こっちは真剣に悩んでるんだ。

金曜同様、頭がぼーっとして勉強に身が入りません。昨日癒された分だけマシではありましたが、溜め息をついてばかりで本業ははかどりません。

夜遅くなって(といっても9時前)研究室に一人きりになると、もうやる気がしません。なので、ホワイト餃子を食べに行きました。

うまぁ〜い

鬱、吹っ飛ぶ。笑うならここで笑え。餃子食ったくらいで鬱が治っちまうくらい単純な人間なんだ、俺は。


2003年04月08日(火) [長年日記]

餃子のおかげか、鬱になることはありませんでした。こんなの何週間ぶりでしょう。

とは言っても、鬱の原因は何も改善されていないので、いつまた鬱に転落するかわかりません。

結果、寝る頃にはもうダメでした。餃子の効力、およそ24時間。


2003年04月09日(水) [長年日記]

計算の結果が合わないのでイライラして、当たり散らしていました。

一人でいるのが心細くて、下宿に帰るなり布団にくるまっていました。

ホワイト餃子は水曜定休です。


2003年04月10日(木) [長年日記]

就職活動というか職種研究

一応、就職活動というものをしに、滋賀県は草津へ行ってきました。先日書いたSEの会社のセミナー(&筆記試験)です。会社に提出する履歴書を昼飯ついでに書いている体たらく。

SuicaやスルッとKANSAI、パスネットなどのシステムを作った会社で(ゆえにセミナー参加は半分趣味なのですが)、セミナーではパスネットの開発過程を通じてSEの仕事を紹介するビデオが上映されました。しんどいしんどいと言われているSEですが、会社から言われると説得力があります。パスネットのシステムを1年半で構築するって(汗)。筆記試験は大したことがなく、あんなの誰でも通るんちゃうか、という問題レベルでした。(実際、筆記試験は通過しました)

ぐるりトラキチ甲子園でドラ応援

セミナー及び筆記試験が終了したのは午後5時過ぎ。そのまままっすぐ帰ってくるわけがなく(笑)、いざ甲子園へ。ぐるり阪神ファンに囲まれる中、中日の応援をしてきました。川上と井川の投げ合いは、川上の勝ち。そして、無死2・3塁のピンチを大塚がピシャリと火消し。しかも2三振。これはすげぇ。結果、中日が3−0で勝ちました。「井川で負けた」とぼやく阪神ファンを尻目に燃えドラ熱唱、万歳三唱。それからメガホンを隠して、京都へ向かいました。

高校時代の友人宅に一晩泊めてもらうことにしました。しばらく会ってないはずなのに、久しぶりという気がしないのはどうしてだろう。仲間内の近況を聞いたり、自分の近況を話したり。鬱のことも。


2003年04月11日(金) [長年日記]

朝6時に京都を発ち、研究室には普段通り出勤しました。おかげで一日中眠かったです。

バイトもあったせいか、鬱には陥らずに済みました。

しかし、今日は月に1回の廃品回収。おかげで今月は古新聞も古雑誌も出せません。これからの1ヶ月は部屋に古新聞があふれそうです。


2003年04月12日(土) [長年日記]

バイトで就寝が遅かったのも、昨日寝不足だったのもあるのでしょう。起きたら昼の2時を回っていました。でも、久しぶりに熟睡できた気がします。ここしばらく、明け方に一度目が覚めてしまっていました。

で、久々に気分がいいので、今のうちにと溜まっていた研究室の宿題をこなしました。もっとも、雨がやんだのでバイクでラーメンを食べに行ったら店を出た頃にはまた降り出していて、雨宿りのつもりで入った喫茶店で何時間も粘る羽目になったのですが。おかげで、だいぶはかどりました。

夜は(おとといとは別の)高校の友人と長電話、記録は4時間48分でした。ありがとう。


2003年04月13日(日) [長年日記]

寿司バトル

MLのオフ会で、回転寿司大食い選手権が催されたので、参加してきました。

ルールは簡単、一番たくさん食べた人がタダになります。そして2位は半額、3位には(寿司代は普通に払いますが)参加料代わりの小銭カンパを総取りできます。狙うはもちろん優勝です。が、この戦いはハンデ戦。年齢ハンデとして20代は−2皿、40代は+2皿。そして女性には+2皿のハンデがつきます。さらに私には遅刻ペナルティ(−2皿)がついて、計−4皿の重いハンデとなりました。

でもハンデがあるならその分食べればいい、とのことで、自己ベストを大幅に更新する28皿を平らげました。この数字には自分でもびっくりです。が、グロス(実数)ではトップなのですがハンデが響き、優勝は22+ハンデ4皿の主催者Yさん。で、私はネット(ハンデを差し引いたスコア)24皿で同率2位(3人)となり、じゃんけんの結果4位相当に(激哀)。食べた量が一番多いのにキャッシュバックなしとは・・・・・・あうあうあう。今日の昼食代は3,000円を超える高価なものになりました。夕食抜きなのは言うまでもありません。


2003年04月14日(月) [長年日記]

昨日の寿司が響いたとは思いませんが、体調が優れず、静養しました。

おそらく精神的なものだと思います。月曜日は憂鬱です。また長い一週間が始まってしまったから。

ここで休むと、もう二度と研究室へ行けなくなるのではないか、と危惧していました。今なら不登校の気持ちがよくわかります。幸い明日は新入生歓迎会なので、研究室へ出向く要因がありますが・・・・・・。


2003年04月15日(火) [長年日記]

今日から研究室に4年生が配属されてきます。噂によれば、配属5名中3名が女性だとか。いままで教官も含め男100%だったうちの研究室に、女性がなんと3人も。ありえへん(笑)。男女比は∞:0から15:3へ急上昇です。

で、夜には新入生歓迎会がありました。ここで初顔合わせです。が、4年生はみんな私のいるテーブルとは別のテーブルに着いてしまい、しかも背中を向けられてしまったので、顔を見ることがほとんどできませんでした。

その代わり、パスタが大量にまわってした。いくら寿司を28皿食べたからと言って、そんなに食べられませんってば。さらに後輩(M1)に「だからダメなんですよ」とダメ出しされる始末。私が存在する理由は何なのでしょうか。


2003年04月16日(水) [長年日記]

そんなわけで、新入生とまともに初顔合わせ。

うちの研究室は教授グループと講師グループで学生部屋もフロアも別になっており、私のいる講師グループには(とりあえず)男1女2の3名が配属されました。

で。昼になると教授グループの女の子がうちの学生部屋にやってきて、おしゃべりしながら弁当(やサンドイッチの類)を食べています。女三人集まれば( ? )しいとはよく言ったもので、OLトーク炸裂。男性陣はとてもその場にいられないので、そそくさと食堂へ逃げていきました。


2003年04月17日(木) [長年日記]

ようやく、よ〜やく、まともに研究を始められました。長かったよぉ・・・・・・。


2003年04月18日(金) [長年日記]

4年生が来て(事実上)3日目。なのに、もう4年生にいじられている。これはどういうことだろう。

そもそも俺って、いじられキャラなのだろうか。自分が存在するコミュニティによって、自分のキャラはかなり違うと思う。どのコミュニティにしても別段キャラを意識して作ってきたわけではないが、こんなにいじられるのは研究室だけである。コミュニティによって自分が見せた面が異なることの表れか、と思う。

だから、同じ人に2つ以上の面を見せるのは、結構恥ずかしいことなのだ。特に研究室では、自分の情けない面が大きく出てしまっているし・・・・・・。


2003年04月19日(土) [長年日記]

以前所属していた研究室の同窓会(のようなもの)へ行きました。

前半は講演会で、居眠りすることなく聞けました。今は、人の生き方にとても興味を覚えます。どうしてその選択をしたか、なぜその結論に至ったか、何が貴方をそうさせたのか。人の数だけ人生はあるわけで、経路は違うにしても、自分と同じように様々な要因があって今の自分がある。他人の人生を参考にすることで、自分の今の状態を抜け出せるかもしれない。そんな考えがあるのだと思います。

後半は懇親会で、いわば立食パーティーです。が、知り合いの会話に割って入れず、そのうちここは自分のいる場所ではない気がして、寂しさを覚え、一人でぽつんと隅の方にいたりしました。しばらくして懇親会は終了しました。その後、相談に乗っていただきました。ありがとうございました。

結局、古巣にも心配をかけました。

まだ、自分の気持ちが整理できていないので。決心をする勇気がないので。


2003年04月20日(日) [長年日記]

電話で呼び出されて、バイトにかり出されました。忙殺されました。

でも、こっちの方が居心地いいです。


2003年04月21日(月) [長年日記]

今週も休んでやろうと思った。それは、すんでの所で回避した。

4年生がいるってのは、結構大きい。かなり、癒される。(少しは)カッコつけよう、という気になるので、あまりにひどい面は見せられない。


2003年04月22日(火) [長年日記]

平日ですが、訳あって実家へ帰省しました。

疲れていたので電車で帰省することにし、駅まで親に迎えに来てもらいました。ところが、時間になっても迎えは来ません。駅前を我が物顔で走っている暴走族(こういう奴らを軽蔑の意を込めてバカと呼ぶ)を横目にしばらく待っていると、ようやく迎えが来ました。

ところが、車の左前部がつぶれています。暴走族にやられたかと思い親に聞いてみると、来る途中に車線を大きくはみ出してきた車があって、よけようとハンドルを切ったらガードレールにぶつかったとのこと。

そのまま駅前の交番へ行き、事故の届け出をします。原因となった車は走り去ってしまい、夜なので車種も色もわからないので、やはり特定のしようがないとのこと。で、この場合、自損事故としか扱えないようです。つまり修理代は自分持ちと。何てばかばかしい。


2003年04月23日(水) [長年日記]

カミングアウト(?)してから、3週間たちました。心配かけてます。

メールをもらったり、手紙をもらったり、電話したり、直接会ったり、いろんな人から励まされました。陰ながら心配してくださってる方もたくさんいるでしょう(多分)。みんな、ほんとにありがとう。

ここしばらくは鬱に陥ることは少なく、まともな生活が送れてはいます。でも、全快宣言はとてもできそうにありません。

最近、虚弱体質だったりします。鬱に続いて俺に似合わない単語第2弾。信じてくれないなら、それでもいいです。

ここ数日はバイトが忙しいこともあり、疲れが溜まっているのではと感じられます。小一時間働いただけで疲れてしまいます。しばしば頭痛に悩まされ、今日は腹痛に悩まされました。

そんな時は本業をやろうとしても効率が上がらないので、逃げてしまいます。(頭痛時に)1時間以上考えても解けなかった問題が、快調なときには15分でさくっと解けたりします。

それに、何かにつけてやる気が出ません。「面倒くさい」「まあいいや」の多用が見られます。

振り返ると、今月は事実上週休3日体制になってしまっています。

いろいろアドバイスをもらったけれど、なかなか腰が上がらなくて。言いたいことが文章にならないので、手紙を書くのもままなりません。最近ここを更新していないのも、面倒なのと、文章がまとまらないのと、他に優先させることがあるためです。

「病は気から」、精神的なものも多分にあると思います。きっと。


2003年04月24日(木) [長年日記]

昨日の夕方、大学で自殺がありました。

自殺現場が私のいる研究室のある建物だったので(10階のベランダから飛び降り)、某氏から「おまえが飛び降りたのかと心配した」と言われてしまいました。他にも心配された方がいるかもしれません。ご安心ください、残念ながらこの通り私はまだ生きています。

私の場合、自殺するくらいなら、引きこもります。世を恨み、自分を哀れんで、毎日泣いて暮らします。

私には悲しいことに自殺するほどの勇気がありません。それに、鬱にはなっていますが、自殺に直結する「自分への罪悪感」は特に感じていません。感じているのは、自分の能力のなさ、価値のなさ、存在意義のなさ。それらは自分が過小評価しすぎていて、客観視すれば鬱になる必要など全くないことなのかもしれません。

「自分はいてはいけない人間である」のではなく、「自分はいなくてもいい人間である」。自分を恨むのではなく、哀れむ。もっと言えば、自分が憎いか、可愛いか(自己嫌悪に陥るくらいだから、「好き」とは言い難いかもしれないが)。自殺と引きこもりの違いはそこだと思います。

自分はここにいる必要はない。自分がいなくても、世の中ちゃんと回っていく。だから、自分は身を引く。

でも、その選択は辛くて悲しくて寂しいと思う自分もいるので、自分の殻に閉じこもって、誰かが殻を破ってくれるのを待っている。

♪誰かが救いの手を君に差し出している、だけど今はそれに気づけずにいるんだろう。(優しい歌/Mr. Children)

引きこもりについては、拗ねてるとか、いじけてるとか、甘えてるとか思われるかもしれません。けど、足下がしっかりしなきゃ、前を向いていられません。

この3週間で、自分を確認し、人とのつながりを確認しました(赤い糸がないのが至極残念)。私はここにいる。一人じゃない。


2003年04月25日(金) [長年日記]

ツーリングマップルが新しくなったという情報を耳にしたので、早速生協で立ち読みしてきました。なるほど、全面改訂です。

気が付いたことを簡単に挙げておきましょう。

まず、折り畳んだ大型の地図が付属するようになりました。これは便利というより邪魔くさい気がします。

次に、地図のデザインが変わりました。そして縮尺が変わりました。今までは東日本は13万分の1・西日本は12万分の1と東西で縮尺が変わっていましたが、これが14万分の1に統一されました(もちろん北海道は除く)。

これによってか、地域別7分冊(北海道・東北・関東甲信越・中部・関西・中四国・九州沖縄)は変わっていませんが、それぞれが網羅するエリアが若干変わり、中日本の3冊が手広くカバーするようになりました。関東甲信越と関西があれば中部はいらないんじゃないか、というくらいです。そのためか、7冊それぞれの厚さが均等になった気がします。冊子間の連携がスムーズになって嬉しいです。

あと、細かいことですが九州版に奄美大島・沖縄本島以外の南西諸島、例えば徳之島とか与論島とか宮古島とか石垣島とか西表島とか波照間島とかが掲載されるようになりました。地味に一番嬉しい改良点だったりします。

というわけで、一気に7冊全て買い替え・・・・・・るほど裕福じゃないし、何よりツーリングの機会がない(涙)。市町村合併もこれから多くなるし、しばらく様子を見ることにします。うるうる。

それにつけてもどっかいきたい。

余談。知らないうちに学費が上がってた(半期で248,400円→260,400円)。これだけの金を払って勉強させてもらっているのだから、それに見合うものを得ないと申し訳ない。


2003年04月26日(土) [長年日記]

今日の幸せ。

  • 大量洗濯。
  • メモリ増設、一挙に5倍。(128MB→640MB)
  • 久々の天下一品。
  • 今月4回目のホワイト餃子。
  • 先日買ってきた焼酎が美味しかった。

今日の哀愁。

  • ガムを洗濯した。
  • 研究室にひとりぼっち。(午後4時まで)
  • 課題山積、やる気ゼロ。
  • いきつけのゲームソフト屋に感謝祭のPS2ソフト置いてない。(確認2度目)
  • 現在の所持金33円。
  • 明日は仏滅。

2003年04月27日(日) [長年日記]

昼に起きて、家でごそごそした後、バイトへ。やることいろいろあったけど、後回し。

今日のバイトは忙しいことは以前からわかってた。なのに、やたら張り切っている自分がいる。忙しいときは大抵そう。研究もこうはならないものか。

午前4時(!)にバイトが終わってから、横綱へ行く。その帰り、首筋とか腕がかゆくなる。そういえば5日前(!)に横綱へ行ったときもそうだった。その時は蚊に刺されたと思っていたが、今日は長袖だし、両腕を何か所も刺されるわけがない。じんましんか?(過去にバターラーメンで発症したことがある)。幸い風呂で温まったらかゆみが引いたが。しばらく横綱でにんとん(にんにく唐辛子)入れ放題を実践するのはやめておこう。


2003年04月28日(月) [長年日記]

今日は俺の日。なんだそれ。グループセミナー(英語)と講座セミナーの両方の発表があっただけですが。両者とも、ほぼそれなりに終わりました。

ようやく本チャンの研究の、スタートを切ることができました。

実は昨日のバイトで、Excelを使ってちょっとしたソフトを作りました。ソフトといっても、マクロも使わない、単に要求に従って数式を放り込んだものです。

それだけのことなのに、割と好評をいただきました。「君はこれだけのことができるから自信持っていいよ」とも言われました。「これだけのこと」って、理系の人間なら大抵これくらい作れるとは思いますが・・・・・・。

自信って、何から生まれるんですか。


2003年04月29日(火) [長年日記]

何もやる気がしない。家から一歩も出ず。日曜に後回しにしたこと、いくつかあるのに。あれやろう、これやろう、と思っていたのに。

唯一やったことといえば、下宿PCの再インストール。ところが、誤ってMP3が20GBほど入ったドライブをフォーマットしてしまう。がっくし。

DOSのFormat.exeなので、データをリカバリさせることはできない。研究室のPCに多少は残っているが、それ以外は諦めるしかない。ぐすん。

無くしてしまってくよくよしているうちに、あのMP3は本当に必要なものだったのかな、と思ったりする。確かに、滅多に聴くことはない曲がほとんどである。無くしてしまったところで、大して影響はないではないか。その代わり得られた20GBの空き容量。これでデータの整理がスムーズにいくではないか。

失って得られるものも、あると思う。

でも、もし消したのがMP3を集めたドライブでなく、それ以外の個人データを格納したドライブだと、たぶん泣くなぁ。「想い出よさようなら」とか言いつつ。もしHDがクラッシュしたらどうしよう。今のうちにバックアップを作っておくべきか。


2003年04月30日(水) [長年日記]

4月が終わってしまった。この1ヶ月、自分、何した?

3月のような鬱状態には陥ることは、おかげさまで最近は滅多にない。けど、事態は何も変わってない。SEという選択肢を消した程度である。

もう5月。ほんとに、やばい。なのに自分は相変わらず。このままでいいわけがないのに。


訪問者数 今日 昨日

携帯からでもこの日記を読むことができます。URLも同じです。

管理人が不適当と判断したツッコミは、断りなく削除することがあります。常識的な書き込みを望みます。