すべてがネタになる

1998|07|09|10|11|12|
1999|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2000|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2001|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2002|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|08|11|
2019|01|02|06|07|08|09|10|
2000年
7月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

※意見には個人差があります。(c)さだまさし

※つっこみ機能は終了しました。


2000年07月19日(水) [長年日記]

今日から2000円札が発行される。新しもの好き(正確には、目新しき物好き)の私は、チャットで予告したとおり2000円札を手に入れるため、まずは名大前郵便局へ。張り紙「2000円札は24日(月)午後より取り扱います」。ふーん、やっぱり末端まで行き渡るのには時間かかるんだ。本山の東海銀行へ。また張り紙「2000円札は21日(金)より取り扱います」。出張所だからか、それとも栄や名駅まで行かないと手に入らないのか。さくら銀行本山支店へ。張り紙を探したが、なさそう。行員に聞いてみたらあるそうだ。わぁい。早速両替、というより「購入」という感じがする。A−A券(番号がA123456Aのようになっている紙幣のこと。つまり最初の100万枚)ではなかった。サークルで見せびらかす。私の行動は読まれていたようだ。希望者に2000円で「売却」。こうして新紙幣は普及していく。

こうして、小渕さんの安易な発想の結果生まれた2000円札は流通を開始した。手にした感想は「芸が細かい」と言うこと。従来の透かし、小さな文字などに加え、凸凹、ホログラムや、斜めにすると色が変わったり文字が浮き出てきたり。およそ偽造対策となるものはすべて施した、という感じ。それゆえ、同時期にデザインを変更して統一イメージがある1000円・5000円・10000円札とは浮いてしまう。紙幣の端に付けられている点字(2000円札では縦に並んだ3つの○のこと)も「に」で、金額順に並べると妙なことになっている。そもそも2000円という額面の設定からして日本では浮いている。近いうちに1000円札が硬貨に変わるのではないだろうか。

現在のところ、自販機で使えない、ATMで使えないなど、使い勝手が悪いようだ。そのため、嫌われ者になってしまっている感がある。両替した2000円札は「見せびらかす」という当初の目的を達成してしまったので、1000円札や5000円札とともに財布に紛れている。


訪問者数 今日 昨日

携帯からでもこの日記を読むことができます。URLも同じです。

管理人が不適当と判断したツッコミは、断りなく削除することがあります。常識的な書き込みを望みます。