すべてがネタになる

1998|07|09|10|11|12|
1999|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2000|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2001|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2002|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|08|11|
2019|01|02|06|07|08|09|10|12|
2020|01|03|04|05|09|10|
2004年
1月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

※意見には個人差があります。(c)さだまさし

※つっこみ機能は終了しました。


2004年01月11日(日) 癒心の旅・1日目 [長年日記]

やっぱり旅が好き

今期は使わないだろうと思っていた18きっぷを昨日手に入れ(そのためにわざわざ四日市に行った)、旅に出る。

始発に乗って遠くまで・・・という気力はなかったので(そもそも早起きできない)、起きた時間に出発、ということに。その結果、起床9時(普段に比べればこれでも早い)。適当に支度していたら昼近くになって、出発。

せっかく昼なのでヨコイにでも行ってやろうかと思って栄で降りたのに、定休日。下調べしてから行けよ、自分。なので異人館で昼食。

金山から東海道線に乗る。来たのは快速で、熱田に臨時停車。ならば熱田神宮に初詣、ということで、熱田で下車(爆)。だったら栄から直接地下鉄で行けよ。

昨年夜に来たことはあるが、昼間のちゃんとした参拝は初めて。そこそこ混んでいた。御垣内参拝という本殿に近いところでゆったり参拝できるシステムがあり(初穂料1,000円、って、初穂料って何やねん)、ちょっと心動かされたが、群衆の視線を浴びてお参りすることになるので丁重に却下。お賽銭20円(仕事の縁と人の縁の二重の縁および人生の二重丸を願って)を投げ、心の回復と今年の幸せを願う。辛いことを乗り越えると、信心深くなる。

神宮から熱田駅まで歩くのが面倒になって、名鉄で豊橋へ向かう。特急に乗っていたのに、パノラマカーに乗りたいがために新安城で降りて、急行に乗り換えたり。

豊橋からはひたすら鈍行。天竜浜名湖鉄道経由も考えたが、ダイヤが合わないのと、富士山を見たいので、素直に東海道線。

中途半端な時間なので、三島で伊豆箱根鉄道に乗り換え、修善寺へ。わざわざ駅から温泉街へのバスに乗り、「筥湯(はこゆ)」という外湯(350円)につかる。人も少ないし、総檜風呂で快適。ただ石けんの類は置いていないので、体を洗うのが目的の人には不評かも。

三島へ戻り、18きっぷで東京〜博多往復を敢行したMLerの方と一緒になる。そのまま品川まで。マンガ喫茶で一夜を明かすつもりだったが、お誘いをいただき、別のMLerの方の自宅(川崎)に泊めていただく。

そういえば

今日で、大会を開いてちょうど1年。忘れてた・・・・・・。もう遠い彼方の出来事のような気がする。それだけ2003年は様々なことがあったってことだなぁ。


訪問者数 今日 昨日

携帯からでもこの日記を読むことができます。URLも同じです。

管理人が不適当と判断したツッコミは、断りなく削除することがあります。常識的な書き込みを望みます。