すべてがネタになる

1998|07|09|10|11|12|
1999|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2000|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2001|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2002|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|08|11|
2019|01|02|06|07|08|09|10|12|
2020|01|03|04|05|09|10|
2008年
9月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

※意見には個人差があります。(c)さだまさし

※つっこみ機能は終了しました。


2008年09月10日(水) [長年日記]

片貝まつり

花火には、「遠くの三尺より近くの三号」という言葉があります。ちっちゃくても近くで見る花火のが迫力がある、と。

じゃあ、近くの三尺、いや四尺を見てやろう。きっとド迫力だ。

ということで、やって来ました片貝町(現・小千谷市)。毎年9月9日・10日に開催される「片貝まつり奉納煙火」です。

会社帰りの思い付きなので(笑)到着は8時過ぎでした。それでも、三尺玉2発や特大スターマインなどがあり、〆は10時打ち上げ「世界一の四尺玉」。

視野いっぱいに花火が広がりました。四尺は小さい花火の集合体だったので音がいまいちでしたが、三尺は一発ドン!の音がすごい。

今年はまともに花火見てなかったので、来てよかったです。

さ、明日も仕事だ。

追記:三尺玉と四尺玉

詳しい方に教えていただきました

三尺玉と四尺玉とでは当然四尺玉の方が大きいのですが(三尺、四尺は玉の直径)、含有火薬量にはサイズほどの差はないそうです。

おそらく、三尺玉までしかなかった頃に法律で上限が決められて、四尺玉ができても緩和されなかったからかと。

なので、四尺玉の花火は、三尺とそう大きくは変わらないのだそうです。

さらに追記。

三尺玉とか四尺玉とかではなく、○号玉という表現があるのですが、これは1寸=1号として尺貫法の表現を読み替えたもの。三尺玉=30号玉、など。

なぜこんなことをするのかというと、計量法によってメートル法を使う(尺貫法は使えない)ことが規定されてるためです。


訪問者数 今日 昨日

携帯からでもこの日記を読むことができます。URLも同じです。

管理人が不適当と判断したツッコミは、断りなく削除することがあります。常識的な書き込みを望みます。