すべてがネタになる

1998|07|09|10|11|12|
1999|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2000|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2001|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2002|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|08|11|
2019|01|02|06|07|08|09|10|12|
2020|01|03|04|05|09|
2010年
1月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

※意見には個人差があります。(c)さだまさし

※つっこみ機能は終了しました。


2010年01月11日(月) [長年日記]

滑活その4

昨日滑ったばかりなので、今日は新潟に買い物にでも・・・と思っていましたが。

珍しくいい天気じゃないですか! これば滑りに行くっきゃない!

ということで、いつもの妙高杉ノ原ではなく、一度行ってみたかった苗場へ行ってみました。(どっちも西武系ですが)

苗場まで下道で2時間。苗場着は12時半頃でした。この時間になれば関東組は帰り支度しているだろうから、ゲレンデは空いているだろう、という計算です。

午後+ナイター券(5,000円)を購入。Mt.Naeba共通券なので、ゴンドラでつながっているかぐらスキー場へも行くことができます。

ナイターをやっているのは苗場のホテル前(リフト3基)だけなので、昼間しか行けない筍山山頂やかぐら方面を先に攻めます。

山頂へのゴンドラの中で作戦会議。

・・・・・・苗場、横に広すぎ。そして、かぐらスキー場がとんでもなく広い。

かぐらスキー場は苗場側から田代・かぐら・みつまたの3エリアあって、端から端まで滑ると所要75分(汗)。

さらに、苗場〜田代のゴンドラ(ドラゴンドラ)が所要20分。どんだけ長いねん。

ドラゴンドラに乗る時点ですでに2時なので、行ったら滑って帰ってこれません。なのでバスで苗場に帰ってくる計画なのですが、バスも所要40分(汗)。

結局、田代〜かぐら間の連絡リフトが3時で終了なので、かぐらには行けず。初心者コースの多い田代エリアで、時間ギリギリまでかっ飛ばしてました。

みつまたエリアではスノーバイクの体験レンタルができるらしい(30分500円)ので、これはリベンジかな。

で、苗場へバスで戻るのですが、バスを待つ間にゴーグルと帽子をなくす(哀)。これはヘルメットを買えという神の啓示か?

たったの2時間

名古屋にいると、スキーに行くにはバス予約して宿予約してレンタル板&ウェア押さえて、と大イベントになってしまいます。大学時代まではそうでした。

が、雪国に住んでいると、スキーなんて板担いでゲレンデに行くだけ。気軽なもんです。苗場まででも2時間で行けます。

この気軽さ、雪国在住の特権だと思っていましたが。

実家から2時間あれば、鷲ヶ岳とか余裕で行けるじゃん。

「板担いでゲレンデに行くだけ」は、雪国でなくても通用しそうです。


訪問者数 今日 昨日

携帯からでもこの日記を読むことができます。URLも同じです。

管理人が不適当と判断したツッコミは、断りなく削除することがあります。常識的な書き込みを望みます。