すべてがネタになる

1998|07|09|10|11|12|
1999|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2000|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2001|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2002|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|08|11|
2019|01|02|06|07|08|09|10|12|
2020|01|03|04|05|09|10|
2003年
8月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

※意見には個人差があります。(c)さだまさし

※つっこみ機能は終了しました。


2003年08月13日(水) [長年日記]

7時ごろ目が覚める。二度寝。8時半ごろ活動開始。

高松駅のさぬきうどん屋で朝ごはん。値段も高いし、いまいち。駅前のうどん屋のほうがいい。

9時半発の徳島行き高速バスに乗る。1,600円。特急は高いし、普通列車は時間がかかりすぎてやってられない。

11時過ぎに徳島駅着。中心部らしい方面へうろうろ。昼食、また、うどん。

むろと1号で牟岐線を塗る。海の近くを走るくせに、思いっきり山岳路線。このあたりはもう稲刈りしている。場所によっては二期作や二毛作をしてるとか。

阿佐海岸鉄道は風鈴列車。風でなくレールからの振動で揺れる。

甲浦。線路はぷつんと切れてる。駅舎(待ち合い室)は割と立派だが、駅のまわりに何もない。岸壁(港)まで歩いたが、フェリーも廃止されてしまい、淋しい。ただ、ダイビングができるらしく、何人かそれっぽい人がいた。港から離れた砂浜では海水浴してる人たちがそこそこいた。こんな天気なのに。そういえば、海水浴なんて何年もしてないな。

バスでさらに南下。道がうねっていて、かつ上下に揺さぶられるのに、そんなスピード出したら、酔うっちゅうねん。揺られること1時間。

室戸岬。目の前に山塊があって、両側が海。襟裳岬のように(行ったことないけど)山脈がだんだん沈んでいくのでなく、山脈がぷつりと切れている印象。で、その山の上に灯台と測候所。そりゃ風も強い。

岬の海岸は岩場なので、腰掛けて、ぼーっとしてみる。寝転がってみたが、ごつごつして痛かった。

ふと、目の前に広がっているのが本当に海なのか確かめたくなって、海水を飲みに波打ち際に近寄る。ざぱん。逃げ遅れる。ひざから下、海水をかぶる。懲りずにもう一度同じことをやって、同じ目に遭う。あーあ、靴が磯臭くなる。でも、久しぶりに触った海の水は、しょっぱいけど、やさしい気がした。

今日泊まるユースホステルは、最御崎寺(ほつみさきじ:四国八十八ヶ所の第24番札所)の横にある。で、寺は山の上にあるらしい。寺への道は元々有料道路らしく、ふもとからヘアピンが3つくらい見える。これを登らなきゃいけないらしい。ぎぇっ。距離はたかだか2kmくらいなのだが。よいしょ、よいしょ、と、かけ声を出して登る。汗だくだく。靴はびしょ濡れ。よいしょ、よいしょ。がんばれ、ぼく。

ふもとから15分くらいかけて、やっとYHに到着。宿坊も兼ねているらしい、というか、宿坊がYHになっているらしい。部屋はきれいで、シングルベッド。ちなみに、ふつうYHは二段ベッドか座敷に布団を敷くか、どちらか。あと、高知と大阪のテレビが両方映る。場所を考えたら映ってもおかしくないけれど、大阪の電波がここまで届くとは、なんか意外。

風呂に入り、夕食を食べ、同室の人とちょっとしゃべる。その人が風呂に行ってる間ベッドの上でで寝転がってたら、いつの間にか眠っていたらしい。おかげで、消灯したあと、2時間以上寝つけなかった。でも、薬は飲まなかった。


訪問者数 今日 昨日

携帯からでもこの日記を読むことができます。URLも同じです。

管理人が不適当と判断したツッコミは、断りなく削除することがあります。常識的な書き込みを望みます。